• ワインスクール
 

フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ / ルーセット・ド・サヴォワ [2019]

価格: ¥2,618 (税込)
[ポイント還元 130ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

フランス・サヴォワを代表する品種、「アルテス」種を100%使用した、コクのある辛口白ワイン

フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ / ルーセット・ド・サヴォワ [2019]
Philippe et Sylvain Ravier
テイスティングコメント
洋梨と赤りんごの密と柑橘系の香り。まろやかかつクリアでのびやかな酸と舌触り。チーズなどクリーミーなお料理との相性が抜群!
商品説明
アルテス種は1366年にアメデ6世が十字軍の遠征の際にギリシャのキプロス島より持ち帰ったと言われています 。畑は1248 年にグラニエ山北側の大崩落の際の土石流が覆ったエリアにあります。発酵温度はジャケールよりも高めの16~18℃でオリと共に4か月熟成。残糖分は1~2g/Lの超辛口。ヴィンテージによりますが5年程度の熟成が可能です。
商品No104710
カタログ商品No11352
生産者名フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ
味わい辛口
ブドウ品種アルテス100%
国・産地フランス / サヴォワ
オーガニックカテゴリー
容量750ml
アルコール度数12度
原産地呼称等AOC ルーセット ド サヴォワ
土壌
畑の特徴
生産者について
サヴォワ県・シャンベリー南部のミヤン村にある家族経営のワイナリー、フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエでは、当主夫妻とその息子の3人で力を合わせワイン造りを進めています。当主のフィリップ氏が息子のシルヴァン氏とともに葡萄の栽培やワインの醸造を手がけ、妻のクロディーヌ氏がマーケティングを担当。クリューズ・ド・シャンベリーと呼ばれるこのエリアで多く栽培されている品種は現地消費が多く、あまり市場で目にする機会のないジャケール種やアルテス(ルーセット)種。同じエリアの中でも畑の位置により土壌が異なり、ワインの味わいにも違いが生まれます。シャンベリーにほど近いアプルモンの畑の土壌は岩や石の多い石灰質中心。乾いたアロマに上品な酸とミネラルが感じられるワインが出来ます。一方で、アプルモンより南、アビームの畑の土壌は、氷河の浸食により堆積したモレーン由来。そこで栽培された葡萄はフレッシュでキレのある辛口ワインとなります。フランス山岳地帯で家族が大切に育てた葡萄で造られるワインです。

商品カテゴリ

産地で選ぶ

タイプから探す

価格帯別

試験対策

ワインを楽しく学ぶ

ワインセット

ギフト

特集

頒布会

その他

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は法律で禁止されています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

ページトップへ