• ワインスクール
 

シャトー・デ・ヴァンティニエール / コート・ド・プロヴァンス・ロゼ [2019]

価格: ¥2,728 (税込)
[ポイント還元 136ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

プロヴァンスと言えばロゼ!天然酵母100%の昔ながらの味わい

シャトー・デ・ヴァンティニエール / コート・ド・プロヴァンス・ロゼ [2019]
Chateau des Vingtinieres
テイスティングコメント
淡いロゼ色、赤い果実やドライハーブの豊かな香り。やさしくもはっきりとした酸と大地のミネラルが感じられます。
商品説明
栽培面積29ha 年間生産本数100,000本。1ha当たりの密植度は4000本。葡萄の収穫は酸化劣化を防ぐため早朝に行われます。除梗後、プレス機で圧搾(直接プレス法)した後、ジュースは全てアサンブラージュ。17-20℃の間で温度管理を行いながらステンレスタンク内にてアルコール発酵(混醸)。天然酵母のみを使用。その後ステンレスタンクにて5ヶ月間オリと共に熟成。マロラクティック発酵は行いません。    滓引き後ベントナイトにて清澄してから瓶詰。旨みを残すため濾過は軽く行います。
商品No104646
カタログ商品No10959
生産者名シャトー・デ・ヴァンティニエール
味わい辛口
ロゼ
ブドウ品種サンソー50%/グルナッシュ40%/シラー10%
国・産地フランス / プロヴァンス
オーガニックカテゴリー自然派
容量750ml
アルコール度数12.5度
原産地呼称等AOC コート ド プロヴァンス
土壌
畑の特徴
生産者について
シャトー・デ・ヴァンティニエールは、1677年創業の長い歴史に支えられたロワールに本拠を置くドメーヌです。12代目のパトリス・モルー氏はプロヴァンスの畑の購入を考え、30haの荒地を購入したのが1996年のことでした。その後、息子たちであるアルノー氏とジュリアン氏も荒地の開墾に参加。2014年には、ロゼ用の畑が29ha、白が2ha、赤が4haの合計35haにまで至りました。畑があるのは、ル・カネ・デ・モール村で「内陸の谷」と称される標高110mのところです。このエリアは、約2.7億年前の古生代ペルム紀の岩盤であるといわれ、粘土と砂に覆われた地表の土壌は、葡萄栽培にふさわしいのだそうです。葡萄の栽培からワインの醸造、瓶詰めまでのプロセスでは月齢カレンダーを節目ごとに使用し自然の力を尊重しています。また、1ha当たりの収穫量は約30hl。化学肥料の使用を避け、地中の微生物を活性化させるためにまめに畑を耕すなど、自然を大切にする伝統的な農法を取り入れています。

商品カテゴリ

産地で選ぶ

タイプから探す

価格帯別

試験対策

ワインを楽しく学ぶ

ワインセット

ギフト

特集

頒布会

その他

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は法律で禁止されています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

ページトップへ